どうしても欲しい札があれば、同じ種類の札は取らない


例えば、相手がこのままだと5コイ、6コイとしそうなとき、
自分は    の草短で3点ができていて、
  とあって、あと  さえ取れば猪鹿蝶がそろって7点をこえる(この場合8点)というような時があると思う。
それ以外ではカスも少なくて7点そろえるのが難しいときである。
そんなとき、場に  が出ていて、自分も  を持っていたとしても、決して取ってはいけない。
取ったが最後、相手は悠々とコイコイを繰り返すだろうし、
仮にそのあと場に  が出たとしても、相手が「最後まで」コイコイを続けた場合であっても、自分が  を取れる確率は1/2に満たない。

まず、「相手が  をもってさえいなければ」、順目や先手後手などは無視して、単純計算で相手が  を引く確率は1/4。
残りは、自分が  を引いたり、相手や自分が残りの  を引いて、場にある  を取る確率となる。
そうなると、自分が  を出しさえしなければ、「相手が最後までコイコイを続けた時」に、3/4に近い確率で自分があがることができることになる。
(実際は初めから相手の手札に  がある確率は1/3なので、トータルの確率は1/2に近い確率となるが、いずれにせよ相手が  を持っていれば、コイコイを最後までされるだろうから同じことであろう)

逆に自分がコイコイしている立場でも、もし今回は5コイ6コイと粘ろうと思うのならば、  を持っていたとしても取らないであろう。
今度は逆に相手が  を持ってさえいなければ、ほぼ自分の勝ちはみえてくるからだ。
ましてや、このような時に、相手が自分から  を出して、場にある  を取ってくれるようだと、おそらく最後までコイコイをくりかえすことができるであろう。


応 用 編


実戦でみられるケースで、まれにしかおこらないが、
得点(失点)が非常に大きく変わるケースとして次のようなことがある。

〔自分〕カスが3枚しかなく、光札も1枚もない。

〔相手〕序盤ではりつきを取るなど、札があふれるほどで、すでに3コイしている。
光札は    を取っている。
このままでは最高で6コイ、カス倍、光倍されそうな雰囲気。

この時、自分の手札が     で、

場に       とあるような時(関連札以外は省略)、

  がまだ取られておらず、逆に   はすでに取られていたとしても、  を出して  を取るべきである。
この状況だと、最後までコイコイされるのは明らかであり、
しかも自分が  を取れる可能性は、自分が  をもっていなければ(ましてや  と同じ種類の札をもっていなければなおさら)低い。
そうであれば、少しでも  を取れる可能性を高めるべきであろう。
まして、場に札が多くて、しかも自分がとれるものは少ないことから、相手がコイコイを進めていくことがほぼ確実であるからだ。
 を取ってコイコイを一回でも阻止する、という状況ではない)