自分が後手番


相手が1順目にはりつきをつくったところ。
 で問題ないだろう。
またも相手が次順にはりついた。「自分のはりつきを取ればカスを2枚取ることができる」ために  を出すのは慎重にしたいところだが、次順に  を出す一手なので、セオリー12「カスABをいつ出すか」より、オープン倍ヅケを狙って躊躇なく  を出した。
こうなったので、  を出す以外にない。
 でいいだろう。
セオリー6「中盤の札の出し方」より、  か  であろうが、この状況では自分がかなりはやくコイコイできそうである。
相手に青短を渡すのは得策ではないし、逆に自分の手は草短がそろう前に7点になりそうである。
つまり、この状況では  の方が  よりも重要性が高い、ということになる。
(相手に青短がそろえば、コイコイを途中でストップせざるをえない可能性もあるし、残りの  を自分が持ってるとしても、非常に出す札の制約を受けてしまう。逆にコイコイしてしまえば草短など必要なく、カス1枚の加算でもコイコイを一回でも多く続けた方がいい。)
こうなれば  を出さざるをえない。
セオリー6「中盤の札の出し方」より、  を見切ることにしたが、ここは  を捨てるべきであった。
相手が1/2以上の確率で  か  を持っているのだから、  を出せば取られる可能性が高いと考えた方がいい。そうすると、青短をそろえられると、相手が勝つ可能性も出てくるからだ。
ミスはしたが、結果的に相手に取られずに助かった。相手ももうあがりそうなので、自分が先にあがっても、コイコイせずにストップする状況だ。
 以外にない。
セオリー6「中盤の札の出し方」より、また相手が  を持っていないのは明らかであることからも(持っていれば  の組合せでは取らないであろう)  を出した。

だが、ここは「相手が3点」「自分が6点」で、相手が次順にもし2組=4枚の札を取れば、取り札によっては7点になる状況であるし、場に札が非常に多い状 況なので、充分にありえる状況。ましてや自分が次順にあがっても、コイコイすることは100%ない状況だ。
そうであれば、セオリー7「大吉についての考察」より、ここは「自分があがる確率が最も高い」ことを優先するべきで(大吉の確率を考慮)、細かくいえば相手のあがりを制限する意味で  を出すべきであろう。
場に光札(orそのペア札)が多いために、万一自分が次順にあがれなかった場合、 を出すよりも「次順に相手が2組=4枚取ったとしてもあがれない」確率が高いからだ。
さすがに次々順では、自分が確実にあがれるであろう。
(この実戦例当時は、まだセオリー7「大吉についての考察」は充分に確立されていなかった)

実戦では、山からの引き札でカスを追加してあがり、当然ストップした。