自分が先手番


セオリー12「どの札から取るべきか」より、カス2枚分の  を取る  の一手だ。
 で  を取る以外にないだろう。
なお、もしこの時にまだ  が取られていなければ、当然  を出すべきである。
赤カスで光を取る、という行為と、次に  で  を取られても  をキープできるからだ(最悪でも  をキープできる)。
 でいいだろう。なお、相手は残りの  を持っていないようであるので、  を出す手も考えられるが、もし次順に相手に  を取られても、この状況では  の爆弾があるので、少なくとも3順は出す札に困ることはない。
素直に  を出した。
 以外にない。
 の爆弾以外にない。
場に取れる札がないので、出さなかった。
場に取れる札がないので、出さなかった。そろそろ相手もあがりそうである。
前順に自分が引き札で  を取り総取りをし、相手が逆に「大吉総取り」をして、カスを2枚取られたところ。
セオリー6「中盤の札の出し方」より、  を出したが相手にあがられた。
しかし、ここではセオリー7「大吉についての考察」からも、また「自分がオープンしている」ので可能性が低くてもなおさら、「自分があがる可能性がもっとも高い手」を打つべきである。

現在相手が6点、自分が4点。自分が「大吉総取り」をすれば勝てる場面である。
そうすると、  を出せば、大吉総取りなら引き札が何であっても自分が勝てるので、細かいテクニックだが  は相手へのプレッシャーとして残しておいて  を出すべきであろう。

細かい「得点期待値」の計算など、この状況ではできるはずもないが、繰り返すとこのような状況では「自分がもっともあがる可能性の高い手」を打つべきであ り、「相手のあがりを阻止する」ことを主眼としたセオリー6「中盤の札の出し方」は無視してよい。
これは非常に重要なテクニックなので、セオリー7「大吉についての考察」を再度読み込んでほしい。
まして、「自分か相手がオープンしている」状況だと、可能性が低くても、「負け」→「勝ち」の場合の得失点差が非常に大きいので、逆転に賭けてみる価値はあろう。
(もちろん、個々の状況によるが)