自分が後手番

この試合でも、ポイントをしぼって考えてもらうので
とくに難しい場面でなければ説明はせずに、
出すべき札だけを述べていくことにする。

ここは  でいいだろう。
ここは  であろうが、少し説明をする。
この場合、手札の     で場札の   のどちらかを取る、という状況であるが、相手の取り札を見ると、光役がそろいそうである。
もし  を取ると、次順以降、場に   と同じ種類の札が出たときに、それらを優先して取るであろうが、その間に自分か相手が  を山から引いてくるなどで、場札の  を取った場合、
自分が  を取るまでにこの時点から最悪5順かかってしまう。
たとえばオープンで光倍ヅケをあがられると、最低でも28点になるのであるから、ここは自分は確実に光札を取っておくことにした。
 以外にないだろう。
オープンで  を捨てることでいいだろう。
ここで何を出すべきであろうか。

上 級 者 の 一 手


今回はわざわざ書くことはしなかったが、ここでははじめから手札に
草短が3枚ともある、というケースである。
先ほどの  を出す時も、攻撃型の人であれば、同様の理由で  を出すかもしれない。  を取るまでに、最悪5順かかってしまうからだ。

ここで、相手の取り札を見ると、そろそろ7点に達しようかという場面である。
草短をそろえれば、少なくとも相手のコイコイを止めさせる効果もあるかもしれない。
この状況ではのんきに  を出している場合ではなかろう。
当然、自分が取ることが確定している  を場に出した。

 でいいだろう。はりつかなければ草短が確定する。
あとはすべて自分が取ることが確定している札ばかりである。
重要性の高いものから取ることは、セオリー5で述べたとおりである。
草短完成の  以外にないだろう。
問題に出すまでもないが、当然  か  である。
ここで  を出すと、これらに比べて点数が短冊の1点分少なくなるからなのは、いうまでもない。
すでに自分は5点そろえており、相手がコイコイしてきたが  を出して逆転することができた。
実戦ではこのようなケースは少なくないので、上級者レベルであれば、このことを充分に理解してもらいたい。
また、達人以上であれば、ミスなくこれを行うようにしてほしいものである。