自分が後手番


後手番で、何を狙って何から取るべきであろうか。


達 人 の 一 手


迷うところでは、
 を取るか、  を取るか、であろう。
セオリー7「どの札から取るべきか」では、こうした場合、光札を優先的に取るように述べているが、このケースでは相手が  を取っており、逆に自分は  を持っていない。
もし序盤で猪鹿蝶をあがられると、大量失点にむすびつく可能性もあるが、そこまでのリスクを背負って  を取りに行くべき状況ではない。
また、少なくとも手札の  で場にある  を取ることはできるわけであるし、ほかに優先的に取るべき札が場に出たときには、当然それらを先に取るであろうが(たとえば   など)その間に相手が山から  か  を引いてきた時のことを考えても(どちらを相手が引いてくる確率も当然等しい)、
「自分が何枚札を取ることができるか」で考えれば、  を取ったときの方が2枚多いことになる。
セオリーはあくまで「一般的な状況」を前提に考えられており、序盤であっても「特定の札の重要性がかわってくる」場合においては、当然打ち方も変わってくる。