自分が後手番


さて、上の状況で先手番。残り順目も考えてどうすべきであろうか。
 の扱いやコイコイすべきかどうか、などを考慮してほしい。



名 人 の 一 手


まず、この状況では  を出す一手であるのは間違いない。
この時点で、青短・短冊・カスで、  をタネとして使っても、コイコイ(ストップ)ができることに気がつくだろう。
なお、図では非常に分かりにくいのだが、この時点ではまだ「オープンは成立していない」状況での出題を意図していたため、このままストップするとカス倍ヅケがつくくらいである。


ここでは、  ではりつきを取る前にオープンしておくべきである。
すでにセオリー13「オープンについての考察」や練習問題の上級者レベルでも述べていることであるが、とくにこのケースでは相手が猪鹿蝶・短冊役などがす でにそろうことができず、せいぜい雨入り三光(それすらもかなり難しいであろう)程度しかない状況。
  も出ている状態なので、ほぼ最後までコイコイできそうな雰囲気である。
(相手のそろう役を常にチェックしておくのは、コイコイの判断で非常に重要なのはいうまでもない。名人レベルであれば、役に絡む残りの札の所在、自分がその札と同種類の札をもっているか、   は出ているか、などを常に把握しておくようにしてほしい)

そうであれば、ここで爆弾オープンにする必要はまったくない。
くわしくは上級レベル・ケース2を参照してほしい。
迷うことなく、
 をオープンにしてから  ではりつきを取った。
当然  をタネにしてコイコイをした。
いうまでもなく、オープンで最高で4コイできる状況なので、一回でも多くコイコイできるようにタネとして使うためだ。
この場合だと、タネのペアの札が何であってもコイコイは続けられるが、相手の大吉などで自分のカスが取られた時に、1回のターンで2点以上獲得できるようにしてコイコイを続ける、という意味がある。
かすかな可能性としてタネ倍ヅケも考えられる。
これをカス2枚分とした場合にはセオリー2「菊の盃をタネに使うべき時」を再度読み込んでほしい。
次順、相手が山から  を引いてきた。
もともと、  は2/3の確率で山にあるし、かりに相手が持っていたとしても前順でオープンする一手であろう。
なお、短冊は10枚しかないので、この時点で相手の短冊4枚は1点にもならないことが確定している。
結局最後までコイコイすることができたが、前順でオープンをしていなければ、ここで無意味な爆弾オープンをすることになり、コイコイの回数が1回へってい たどころか、大吉総取りなどがあれば、コイコイを続けていればヘタをすれば逆転負けすらありえる状況だ。