結論:東場は得点を最大に、
南2以降は順位を最高に



東風荘三人麻雀の場合、最終的に「順位」を高めるのが目的だ(※得点は関係なく、純粋に順位のみでレートが変化するシステム)。
そこにはさまざまなテクニックはあるだろうが、もっとも重要なことは「相手との点差を意識する」ことだろう。
ただ、一般的には平場では「得点」を高めることが、最終的に「順位」をよくすることにつながるのではないか。
また、自分が2位と8000点差以上のトップだとしても、「東1」と「南3」では、当然「南3」の方が「期待できる順位がよい」だろう。「東1」ではまだまだ逆転される可能性があるが、南3ではそれが少なくなるからだ。
東場から大幅な得点差がある場合は別として、一般的に「東場(平場)では『得点』を最大にする」ことを考え、「得点差がある状況や南場(特に南2局以降)では『順位』をよくする」ことを考えた方がいいだろう。

ただ、この「得点」と「順位」の関係だが、長期的には「ある得点をこえれば
得点が増える割合以上には順位はよくならない(逓減する)」。
倍の点数をあがったからといって、倍の割合で順位がよくなることはない」からだ。

たとえば、極端な話、オーラスで自分が25,000のラス、他家が27,000、29,000のとき、ダブルヤクマンを出あがっても、5200点を出あ がっても、順位は「2.0」よくなることには変わりない。ここまで極端でなくても、ある得点をこえた場合には、得点が順位に与える影響は逓減することが予 想される。

いずれにしても「得点を最大にすること」がイコール「順位をもっともよくすること」かどうか、まだデータとして分かっていないし、東風荘三人麻雀特有のツモり 損も考慮しなければならないが(というか、ゲームの性質上、若干のズレがあるはずである)、「相手の得点を阻止する」ことも失点の減少=得点の増加になる ことを考えると、相当程度関係があると思われる。