クイズ ミリオネアとヘキサゴン


 またまた意味不明のタイトルからはじめてみた。

 たとえば、東風サンマのセオリーがどんどん解明されていって、「セオリーを知らない人」を相手にすると、レートが常時2300を超えるような人たちが誕 生したとしよう(おそらく近いうちにそうなるとは思うのだが)。その人達同士で対戦するときに、おもしろい現象が起こることになる。

 成績を大きく左右する局面としては、「勝負かオリか」が代表的だが、レート2300のプレイヤーであれば、講座で述べたような均衡点で「勝負かオリか」 を判断すると思う(対戦相手のデータがなければ、「相手が自分と同じ程度の実力と仮定して」自分のできすぎ君データより相手リーチの傾向をさぐり、均衡点 を求めることもできる)。
 その時に、意識的にそれをずらしてみるのだ。

 つまり、カンチャン待ちの役なしで、本来ならダマにして相手リーチがかかったら降りるような手であっても、敢えて先制リーチをかけてみるのだ。相手は (たまたま早い大物手が入っていれば悲惨な結果になるが)まだ手がそろっていない場合が多いので、高くなりそうな手でも、複数の危険牌を抱えていればセオ リーによって降りてしまうだろう。これにより、「相手の得点を防ぐ」ことができる。
 あるいは、ダマでマンガンあるような手であっても、相手が高そうな手のテンパイかイーシャンテンであれば、相手が勝負してくるであろうことから、リーチでハネマン以上を狙ってみる。

 こうすることで、「相手のセオリーを崩す」ことができるようになるのだ。K1チームと猪木軍の対戦で説明したようなことを、逆の立場からやってみるのだ。

 「セオリーを知っていること」は、みのもんた司会のクイズ・ミリオネアに対するようなものかもしれない。単純に、答えを知っていれば勝つことができるからだ。
 一方、島田伸介司会のクイズ・ヘキサゴンでは、「新橋のサラリーマン100%正解」の問題などでは、解答者が「セーブ崩し」をするかどうか、の「読み合い」になる。「セオリーを崩すこと」は、これに例えられるかもしれない。
 従来でも、単純なギャンブルなら、こういった「心理戦」が勝敗を大きく左右するものも少なくない。トランプを使ったカードゲームのいくつかなどはまさにそうだろう。

 この時点で、確率や期待値というものとは関係なく、本当の意味での「読み合い」がはじまってくるのだ。複雑なモノが最終的にはシンプルになる、という皮 肉な結果になる(もちろん、ここからさらに相手の「セオリー崩し」の傾向を分析して、それに対する最適な戦略を再度構築することはできる)。
 最終的には、東風サンマの終着点は、超上級者同士のこういった展開になるはずなのであるが。。